見た人の心に残るのぼりのデザインと特徴

目立つデザインで通りがかる人の目に留まり安く興味を引き安いのぼりは、広告や集客力強いとしての効果が期待できます。のぼりや旗は、会社やお店だけではなく一般の人でも気軽に注文でき、価格がリーズナブルで宣伝効果が高いということがメリットです。例えば、ポケットティッシュなどを街頭で手配りするようなやり方は、人件費などの経費がかかってしまうというデメリットがありますが、のぼりや旗は少ない予算でも最大の集客効果があり、販促効果を狙うなら最も効果的です。また、のぼりが目にとまるのは、歩行者だけではありません。目立つのぼりというのは、移動中の車や電車から見えることもあり、ふとしたことで人の印象にも残ります。印象に残るのぼりというのは、集客にもつながるのです。そこで、のぼりや旗を作る時は、ドライバーの車の中からでも目に留まるように、シンプルなデザインで遠目からでも見映えがする色を選んで作るようにしましょう。

のぼりや旗には高い宣伝効果があります

のぼりや旗は、販促としての効果が大きくこの特性を活かさない手はありません。のぼりは、大小の違いや敷地内に設置しなければならないという場所の問題はあるのですが、訴求効果からいえば設置されている期間は、雨や風にさらされながらも年中無休で宣伝し続けることができます。量販店や大手スーパーなどのタペストリーなどは代表的なものといえるでしょう。また、看板は、のぼりや旗のように一旦設置すると簡単に撤去することはできませんが、のぼりや旗は宣伝効果も高く、簡単に撤去できてとても便利です。色鮮やかなのぼりの立つファミリーレストランなどの季節限定の新メニューに目をひかれた経験があるという人は多いでしょう。のぼりや旗は、季節はもちろん、イベントやサービスデーなどの行事に合わせて変えていったり増やしていったりもできるので、客を飽きさせることなく、楽しみな気持ちを誘発させることもできるので便利です。

のぼりや旗は、生地をよく選んで作るのがお勧めです

のぼりや旗によく使われる定番の生地に、ポリエステル製の布でテトロンポンジというのがあります。テトロンポンジは値段が手ごろで、あまり予算に余裕がない時や大ロットの印刷を希望する時に選ぶとことをお勧めします。テトロンポンジは、のぼりや旗の定番の生地です。薄くて軽く、しわができにくいだけでなく、値段が手ごろなので、どんな人でも手を出しやすい生地です。のぼりや旗は、テトロンポンジ以外の生地では、天竺という生地をよく使います。天竺は、木綿製の生地で、和風のデザインがよく映える素材です。そのため、和食店用ののぼりや旗を作りたい時などは、この生地を使うとおあつらえ向きです。また、のぼり旗を作った後にどう使うかについても考えることも販促には重要です。設置の仕方がよくないと、せっかくの宣伝効果も半減してしまうので注意が必要です。