今後の社会におけるのぼりのニーズ

宣伝や告知、PRをするための方法は数多くあります。その中でも、特に外での広告としておすすめなのが「のぼり」です。実は日本独特の文化といわれており、時代劇などで背中に自分の家紋のついたものをつけている武士を見たことがあるでしょう。戦の際中は味方なのか敵なのかを見分けることが難しかったため、判別するためにつけていたと言われています。それは現在にも引き継がれており、海外から日本へやってきた人の中には町中にある多くののぼりを見て驚く人も少なくありません。私たちも普段意識することはありませんが、町や通りにはそれだけ多くののぼりが溢れています。意識はしていなくても、何気なく視界に入りそちらに意識が向いてしまう、興味を向けてしまうというのが広告としてののぼりの一番のメリットといえるでしょう。

のぼりが広告として与えられる印象

外での広告というと看板をイメージする人も多いでしょう。確かに大きな看板はしっかりと目に入り大きな字で適格に伝えることができるうえ、インパクトがあります。しかし、のぼりは看板では伝えることの出来ない印象を与えることができます。例えば看板をたどってやっては来たものの、到着した店舗にはのぼりも何もなかったとしましょう。人も車を見当たらなければ、場所は本当にここで良いのか、そもそもオープンしているのかという疑問を持たせてしまう可能性もあります。のぼりがあることで、「やっていますよ」「ここですよ」ということを来た人に伝えることが出来る他、「活気がありそう」「人気がありそう」という賑やかな印象を持ってもらうこともできます。それだけではありません。もちろんコストや利便性の面でもメリットがあります。

コストや利便性の面から見たのぼりのメリット

のぼりと同様に町中にある看板ですが、かかるコストは大きく異なります。大きさなどで違いあるものの、制作するのに数10万円ほどかかってしまう看板に対して、のぼりはその半分以下で作ることが可能です。特にイベント時など特別な期間のみに使うのであれば、先ほど述べたイメージのことを考えても看板よりもおすすめであるといえるでしょう。複数作ることができるうえに色やデザインもオリジナルで作ることが出来るので、場所を示すためのものや内容を伝えるものなど用途を使い分けて制作するのも良いでしょう。また設置のことも忘れてはいけません。のぼりはスタンドを含めても軽いため、女性でも簡単に持ち運ぶことが出来ます。複雑な取り付けも設置するための広い場所なども必要ありません。使い終わったあとは束ねて片付けることもできるので、手軽さや利便性の面も魅力的であると言えます。