オリジナルののぼりを作成したい方のために順序を説明

飲食店などの玄関や駐車場の周りでよく見かける旗をのぼりと言います。のぼりは始めから文面やデザインが決まっている物が多数販売されていますが、のぼりはオリジナルで作成することも可能です。自店のおすすめポイントや売り出したい物、イベントがある時などはオリジナルののぼりがおすすめです。オリジナルで作成する場合、データをメーカーに入稿するわけですが、このデータによって料金が変わるメーカーがあります。イラストレーターやエクセルなどが利用できるならそういった物を使用すると安くなる可能性がありますので下調べをしておくと良いです。のぼりにはサイズが豊富にありますので売り出したい内容によってサイズを決めると良いです。イベントで期間内に絶対売りたいと思えば大きいのぼりにしてお客にアピールするのも一つのやり方です。

オリジナルでのぼりを作成すると価格はいくらかを解説します

実際に、のぼりを作成しようと思った場合、オリジナルののぼりだと価格はいくらくらいなのか、相場が気になるところです。作成するメーカーによっても当然変わってきますし、のぼりのサイズでも金額に幅は出ます。一番小さいサイズでだいたい一枚当たり800円から1,500円前後が相場と言えます。特大のサイズになってくると価格はだいぶ上がり、5,000円以上になることもあります。これはご自身でデータを入稿してもらっての金額となっています。このデータの入稿の仕方によっては金額がもう少し変わってくる場合もあります。のぼりを新しく欲しいと思ったら日程を早めに組んで、余裕を持って注文をすることで価格は抑えられます。割引価格としては30%OFFという場合もありますのでのぼりを作成してくれる業者に問い合わせをして確認してみると良いです。

オリジナルののぼりを作成するのにかかる日数

実際に、のぼりをオリジナルで作成するとなった場合、作成にどれくらいの日数を要するのか気になるところです。特に、イベント行事や期間限定の品を謳いたい時は納期が決まってしまいますので早めにスケジュールを立てていかないといけないです。オリジナルという事でまずはデータを作成する日数から考えていかないといけないです。データが出来上がってメーカーに注文し、データの納品が問題無く済めば早いところだと最短で4営業日で配送にかかってくれるメーカーもあります。ただし、これはスムーズに注文までの流れが済んだ場合の話になります。データの作成にミスがあって、注文書を送る際の不備や、週末を挟んでしまう場合など色々なパターンやトラブルが考えられますので、作成すると決めたら早めに行動に移して余裕のある納品プランを考えた方が良いです。